So-net無料ブログ作成

長男が新型インフルエンザに!タミフルを内服(妊娠11w) [妊婦生活]

きついつわりの中の産院探しも無事終わり、
早く国立の病院で初診をしてもらってほっとしたいわと思っていたとき、
とうとう来たのです。
とても心配していた新型インフルエンザが我が家に・・・
ちょうど、昨年冬。妊娠11wの時に。

ただでさえつわりで体調は最悪。ほとんど毎日横になっている状態でした。

ニュースでは新型インフルエンザの話題で騒然となっている中、
うちには、小学生の長男と保育園児の妹がいて妹のクラスではぽつぽつと新型インフルエンザが出始めていました。

いつうちの子供がうつってもおかしくない状態の中、メディアでは妊婦さんの新型インフルエンザ用予防接種が開始しました。
と報道されていたけど、どこの病院に連絡しても在庫がないので受けられない。毎日あちこちの産院や病院に片っ端から電話をしていました。
何カ所か、在庫が入り次第連絡をもらえるよう手配したものの、いっこうに連絡なし。
メディアでは、妊婦さん予防接種開始と流れていますけど実際にはなかなか病院に入ってこないんですよね。とのこと。[もうやだ~(悲しい顔)]

毎日気が気でない中、新型インフルエンザの毒性もそれほどは強くないという認識からか、
学校ではクラスに数人インフルエンザで休みが出たところで学級閉鎖にはならなくなっていた。

長男が、クラスで10人くらいインフルエンザで休んでいるよ。俺の列の一番後ろの人が休んだよ。
次の日・・・
俺の列の後ろから2番目の人が休んだよ。
次の日・・・
俺の列の後ろから3番目の人が休んだよ。
次の日・・・
俺の列の後ろの席の人が休んだよ。

妊婦の心情としては早く学級閉鎖にして〜!!!
まだ、妊娠初期なのよ〜〜[あせあせ(飛び散る汗)]

という願いもむなしくとうとう長男が高熱を出しました。
病院へ行くとばっちり「新型インフルエンザ」です。とのこと。
症状は軽いといっても初日は40度の熱がでました。

私が双子を妊娠中であることを先生に伝えると、今すぐ子供と接触をしないこと!
妊婦は新型インフルエンザに感染すると重症化するというデータがあります。
それから私にうつらないために実費になりますが、私も含め家族全員で予防としてタミフルを内服してください。
と言われて、全員分のタミフルをもらって家に帰りました。

とほほ・・・[たらーっ(汗)][もうやだ~(悲しい顔)]

出来る限り長男との接触は避けるものの、11wで本当にタミフルを飲んでも大丈夫なのだろうか・・・???
でも、飲まないでインフルエンザになるともっといけないのだろうか??
内科の先生曰く、妊婦が飲んでも大丈夫とのことだったので一刻でも早めに飲んで感染を防ごうとその日はタミフルを飲みました。

翌日、念のため妹の保育園に兄が新型に感染したことを連絡。
妹も含め家族全員でタミフルを飲んでいます。と伝えたところ園の保健の先生が、娘をお迎えの時に出てきて
「お母さん妊娠中なのにタミフル飲んでも良いの??」
と聞かれた。「念のため産婦人科に聞いてみた方が良いんじゃない??」

産科に聞いてみるか・・・
と先日予約がとれた国立の病院に電話してみた。
まだ、初診もしていないのに連絡できるのだろうか??

電話の受付の人が、まだ初診を受けていないのなら対応可能かどうか産科の当直に確認します。
といってしばらく待つと、夜でも産科の当直の先生が電話に出てくれた。

1日もう飲んだと伝えると
「飲んじゃったんですね〜・・・最近うちの病院では予防的なタミフルの処方はしていないんですよ。」
「じゃ、すぐにでもやめた方が良いですね?」
「いや、もう1日は飲んでしまったんですから、それならしっかり1週間分飲みきった方が良いですよ。そうすることで免疫が出来るという説もあります。新型インフルエンザに関しては、まだデータがないので何ともいえないのです。」

どこに確認しても、みんなまだ新型インフルエンザに関してはわからないという返答しかもらえない。
しかも、私はもうタミフルを飲んでしまったのです。

結果、特に問題もなく二人とも元気な赤ちゃんを産みましたけど。
当時は、なにもせずにインフルエンザにかかった方が良いのか、予防的にタミフルを飲むべきなのか・・・赤ちゃんへの影響はどちらの方が少ないのかと悩みました。

妊婦と薬情報センター




妊娠・授乳とくすりQ&A (実践Q&Aシリーズ)

妊娠・授乳とくすりQ&A (実践Q&Aシリーズ)

  • 作者: 国立成育医療センター薬剤部 石川洋一
  • 出版社/メーカー: じほう
  • 発売日: 2008/08/18
  • メディア: 単行本





実践 妊娠と薬―1,173例の相談事例とその情報

実践 妊娠と薬―1,173例の相談事例とその情報

  • 作者: 林 昌洋
  • 出版社/メーカー: 薬業時報社
  • 発売日: 1992/12/25
  • メディア: 単行本



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。