So-net無料ブログ作成
検索選択
妊婦生活 ブログトップ

双子の普通分娩は可能か??その条件は?? [妊婦生活]

タミフルのおかげか長男以外の家族はインフルエンザにかかることもなく、長男の新型インフルエンザも無事過ぎ去ってくれた。
そして、12wに入ってやっと待ちに待った産科の初診を受診した。
双子だけでも不安なのにこの時期まで産院が決まらないのもとても不安だった。

病院は、予約を取るのも必死で奇跡的に予約が取れたような感じだったし、
産科以外の科でも受診をしたい場合は数ヶ月待ちは当たり前の病院なので、
電話で初診の予約は取れたものの本当にここで産めるのかしら??
もし妊娠経過の中で急に体調に何かあった場合は、すぐにみてもらえるのかしら??
と不安はつきませんでした。

実際に病院へいってみると、完全予約制の為他の産院に比べたら待ち時間は短め。
担当の先生に内診をしてもらうと、
「二卵性の双子ちゃんで間違いないでしょうね。では、今後はうちの病院で出産までしっかりと対応させて頂きますので不安な事はなんでも聞いてくださいね。」

と言われて、やっとこれで双子を産める場所が出来たんだと安心した。[揺れるハート]
国立の大きな病院だったので、もっとさらっと次から次へと妊婦に対応するのかな〜と思っていたけど、
先生もとても丁寧で、質問にはきちっと答えてくれる印象でした。

そこで、早速双子の自然分娩は可能なのか聞いてみました。
すでに二人もがんばって自然分娩で産んでいるし、双子でも自然分娩したい!![ふらふら]
担当の先生によっても若干の違いはあるようだったけど、
基本的に双子でも二人とも頭が下を向いていて週数が34週以上、本人が帝王切開を希望していないなら普通分娩です。とのこと。
初産でも、その条件は変わらないようでした。もちろん、妊娠中毒症などにかかっていないのも条件です。

1人目の頭が下で、2人目が逆子の場合は自然分娩も可能だけど色々とリスクもありますからその場合は帝王切開がおすすめですと言われました。

通常ここの病院では双子の場合、普通分娩でも計画分娩になるとのことでした。
36〜37週頃に計画的に出産します。
ぎりぎり早産になるかならないか位です。
34週には赤ちゃんの肺の機能がほぼ完成され、36週くらいまでお母さんの免疫をもらうらしく、
36週までお母さんのおなかの中に入っていてもらえば、100点満点ですね。と言われた。

上の子たちは40週前後で出産しているので、えっ??そんなに早いの??
とそのときはピンとこなかったけど、その後双子をその週数までお腹に入れておくというのがどれほど大変なのかというのを思い知ることになったのでした[たらーっ(汗)]
そして、上記の普通分娩の条件を双子でクリアするのは難しいことなのだというのも後々実感することになったのです。

それから、もう一つ確認したいことは、双子の羊水検査は可能なのか??
他の病院では、二卵性の場合2回針を刺さないといけないのであまり聞いたことがないと言うことしか言われなかったけど、
大丈夫ですよ。検査しますか??との返答。

次回は、双子の羊水検査について記載したいなぁ〜と思います。









双子あたふた―家族立ち会い出産、その後

双子あたふた―家族立ち会い出産、その後




nice!(1) 
共通テーマ:妊娠・出産

長男が新型インフルエンザに!タミフルを内服(妊娠11w) [妊婦生活]

きついつわりの中の産院探しも無事終わり、
早く国立の病院で初診をしてもらってほっとしたいわと思っていたとき、
とうとう来たのです。
とても心配していた新型インフルエンザが我が家に・・・
ちょうど、昨年冬。妊娠11wの時に。

ただでさえつわりで体調は最悪。ほとんど毎日横になっている状態でした。

ニュースでは新型インフルエンザの話題で騒然となっている中、
うちには、小学生の長男と保育園児の妹がいて妹のクラスではぽつぽつと新型インフルエンザが出始めていました。

いつうちの子供がうつってもおかしくない状態の中、メディアでは妊婦さんの新型インフルエンザ用予防接種が開始しました。
と報道されていたけど、どこの病院に連絡しても在庫がないので受けられない。毎日あちこちの産院や病院に片っ端から電話をしていました。
何カ所か、在庫が入り次第連絡をもらえるよう手配したものの、いっこうに連絡なし。
メディアでは、妊婦さん予防接種開始と流れていますけど実際にはなかなか病院に入ってこないんですよね。とのこと。[もうやだ~(悲しい顔)]

毎日気が気でない中、新型インフルエンザの毒性もそれほどは強くないという認識からか、
学校ではクラスに数人インフルエンザで休みが出たところで学級閉鎖にはならなくなっていた。

長男が、クラスで10人くらいインフルエンザで休んでいるよ。俺の列の一番後ろの人が休んだよ。
次の日・・・
俺の列の後ろから2番目の人が休んだよ。
次の日・・・
俺の列の後ろから3番目の人が休んだよ。
次の日・・・
俺の列の後ろの席の人が休んだよ。

妊婦の心情としては早く学級閉鎖にして〜!!!
まだ、妊娠初期なのよ〜〜[あせあせ(飛び散る汗)]

という願いもむなしくとうとう長男が高熱を出しました。
病院へ行くとばっちり「新型インフルエンザ」です。とのこと。
症状は軽いといっても初日は40度の熱がでました。

私が双子を妊娠中であることを先生に伝えると、今すぐ子供と接触をしないこと!
妊婦は新型インフルエンザに感染すると重症化するというデータがあります。
それから私にうつらないために実費になりますが、私も含め家族全員で予防としてタミフルを内服してください。
と言われて、全員分のタミフルをもらって家に帰りました。

とほほ・・・[たらーっ(汗)][もうやだ~(悲しい顔)]

出来る限り長男との接触は避けるものの、11wで本当にタミフルを飲んでも大丈夫なのだろうか・・・???
でも、飲まないでインフルエンザになるともっといけないのだろうか??
内科の先生曰く、妊婦が飲んでも大丈夫とのことだったので一刻でも早めに飲んで感染を防ごうとその日はタミフルを飲みました。

翌日、念のため妹の保育園に兄が新型に感染したことを連絡。
妹も含め家族全員でタミフルを飲んでいます。と伝えたところ園の保健の先生が、娘をお迎えの時に出てきて
「お母さん妊娠中なのにタミフル飲んでも良いの??」
と聞かれた。「念のため産婦人科に聞いてみた方が良いんじゃない??」

産科に聞いてみるか・・・
と先日予約がとれた国立の病院に電話してみた。
まだ、初診もしていないのに連絡できるのだろうか??

電話の受付の人が、まだ初診を受けていないのなら対応可能かどうか産科の当直に確認します。
といってしばらく待つと、夜でも産科の当直の先生が電話に出てくれた。

1日もう飲んだと伝えると
「飲んじゃったんですね〜・・・最近うちの病院では予防的なタミフルの処方はしていないんですよ。」
「じゃ、すぐにでもやめた方が良いですね?」
「いや、もう1日は飲んでしまったんですから、それならしっかり1週間分飲みきった方が良いですよ。そうすることで免疫が出来るという説もあります。新型インフルエンザに関しては、まだデータがないので何ともいえないのです。」

どこに確認しても、みんなまだ新型インフルエンザに関してはわからないという返答しかもらえない。
しかも、私はもうタミフルを飲んでしまったのです。

結果、特に問題もなく二人とも元気な赤ちゃんを産みましたけど。
当時は、なにもせずにインフルエンザにかかった方が良いのか、予防的にタミフルを飲むべきなのか・・・赤ちゃんへの影響はどちらの方が少ないのかと悩みました。

妊婦と薬情報センター




妊娠・授乳とくすりQ&A (実践Q&Aシリーズ)

妊娠・授乳とくすりQ&A (実践Q&Aシリーズ)

  • 作者: 国立成育医療センター薬剤部 石川洋一
  • 出版社/メーカー: じほう
  • 発売日: 2008/08/18
  • メディア: 単行本





実践 妊娠と薬―1,173例の相談事例とその情報

実践 妊娠と薬―1,173例の相談事例とその情報

  • 作者: 林 昌洋
  • 出版社/メーカー: 薬業時報社
  • 発売日: 1992/12/25
  • メディア: 単行本



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

二卵性双生児と産院探し [妊婦生活]

再び産院へ。
前回妊娠判明時から早くもつわりが始まり・・・
明らかに上の二人の時より早くてしかも強い。
双子だからなのかしら??

image.jpg赤ちゃん元気にしているかな??一人消えちゃう事もあると言われていたし。
不安に思いながらも受診すると、
「二人とも元気そうですね。袋も二つあるし、二卵性の双子ちゃんだと思います。」といわれた。
ひとまず、まだ初期とはいえ元気と聞いてほっとしたし、でも産めるのかしらと不安も少し。

「うちの産院では双子の出産はやっていないので他の産院を紹介しますね。どこがよいかしら??」
といって、4〜5件の産院の名前を候補に挙げた
上の子を産んだ産院は、この辺では中堅どころの総合病院
産婦人科は、なかなか人気のある病院だったけど、ここでは産めないのね。
そして、ここから双子を産むための産院探しが始まりました。。[病院]

候補の中から、上の子供たちの事もあるし自宅から通いやすいところを考えると2つの病院が候補に残りました。
一つは国立系の病院もう一つは大学病院。
私は国立の病院が良いと先生にお願いしました。
先生は国立の病院に連絡を取ってくれましたが、案の定かなり人気の高い病院の為、産院経由では予約がかなり先にならないと入れられないとのことでした。
しかも、一卵性の場合は比較的予約が取りやすいけど、二卵性になると出産リスクが低くなるので、予約が取りにくいのだとか。

「大学病院の方でも良いかしら??」と言われて、説明してくれた看護師さんも以前ここの大学病院で働いていたというし、こちらも評判は良かったので、では大学病院の方で良いです。と承諾。
紹介状をもらい、翌日早速大学病院へ行ってきました。

午前9時頃には病院へ着いて待つこと・・・・3時間・・・
いっこうに呼ばれる気配なし。
つわりで体調は最悪。待っている間もずっと気持ち悪い[もうやだ~(悲しい顔)]
すると看護士さんが来て、2時頃までかかりそうです。と言われた。5時間も待つの〜[exclamation&question]
もう、気持ち悪いし限界です。
一度家に帰ってその時間に出直すことに。

再び車で20分の産院へ。2時についてもそれからもしばらく待たされ、やっと私の順番になりました。
内診してもらうと、同じように「二卵性の双子ちゃんですね。」と言われ質問したいことも色々とあったのに、後は助産師から説明を聞いておいてください。
と散々待ったのになんだか素っ気なく終了。

その後助産師さんから今後の流れについて説明がありました。


すると、うちは双子の場合全例帝王切開です[わーい(嬉しい顔)]と説明された。
ええ〜[どんっ(衝撃)]そうなの〜??[あせあせ(飛び散る汗)]
こんなに大きな病院なのに、自然分娩は無理なの〜???
ショックを受けている私に、助産師さんは、もし自然分娩を希望なら他の産院を早く探さないとね・・・。
と言われ、少し考えます・・・と返事をしてその日は帰りました。
大学病院と聞いて、勝手に自然分娩も可能なのかと思ってしまっていました。
全例帝王切開なら紹介するときに教えて欲しかったな〜[ふらふら]

家に帰り、もう一つの候補となっていた国立の病院を調べてみると、こちらは条件が整っていれば自然分娩も可能な事がわかった。
知り合いですでに双子ちゃんを出産しているママ友もここで産んでいた。
がんばって、今まで二人も自然分娩で産んでいるんだし、可能なら自然分娩がよいと思いました。

でも二卵性の場合は紹介状があっても、ここの病院の場合は自分で電話をして予約をとるらしいのです。しかも、産科は予約受付が月に一日しかないとのこと。国立の病院に直接電話をしてみると、なんとその予約受付日は今日でした。
朝から受付開始で、あっという間に予約枠が埋まってしまうらしく、当然電話をしたときは、今日はもう終了です。来月また予約日があるので、その日に電話してみてください。とのことでした。[たらーっ(汗)]

予約受付日まで待っていたら妊娠3ヶ月になっちゃう。
もしそれでだめだったら、また一ヶ月後にチャレンジってこと。双子でそこまで待つなんて不安。

それでもここの病院は、双子出産が出来る産院ではうちから一番近いし[病院]次回の予約日にチャレンジすることにしました。

翌月の予約日当日は、家の電話・私の携帯・主人の携帯・息子の携帯をスタンバイ。それから、父・弟それに、可能な限り親戚の人にお願いして、開始時間から一斉に電話しまくりました[exclamation×2]お願い!!つながって〜〜〜!

すると、運良くわたしの電話がつながり、無事予約を取ることが出来ました。
ほかの、親戚の方々は全員つながらなかったそうです。

初受診日は、ちょうど妊娠12週の時。
早く受診して、赤ちゃんをみてもらって色々とわからないことも聞いたりしたい。
どういう場合自然分娩が出来るのか?羊水検査はできるのか?などなど・・・
双子ちゃんって、病院探しも1からやり直しなのね。
ただでさえ赤ちゃんの事が心配なのに、産院がなかなか決まらずに不安な日々が続いていましたが、やっと産める産院が決まってほっとしました。










nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

双子の妊娠判明★ [妊婦生活]

まさかまさかの、双子ちゃん妊娠
長男と、長女の二人で子供は終わりと思っていたのに、まさかの妊娠!?
しかも双子ちゃんなんて・・・

それは、家族で母のお墓参りをした帰り道、突然ふと私妊娠しているかも・・・
そういえば、今月の生理おくれているな〜・・・と
でもまさかね。と言う想いと、いや妊娠しているかも・・・が交錯。

早速家で妊娠検査薬を買ってきて調べてみると、ばっちり陽性[ふらふら]

上の二人を産んだ産科へ早速行きました。

え〜!?本当に3人目??
二人で終わりかと思っていたのに。すでにしっかり高齢出産の年齢に入っているし、大丈夫かしら・・・
と不安を抱えて上の子供たちを出産した産院へ行ってみました。

相変わらず混んでいて待たされること3〜4時間。
すでにぐったり[たらーっ(汗)]
やっと順番がきて、内診してもらうことに。

先生は、「おめでたですね[わーい(嬉しい顔)]
「やっぱり[たらーっ(汗)]
でも、また可愛い赤ちゃんがうちにくるのか。頑張ろう[グッド(上向き矢印)]
と思っていたけど、なんか内診が長〜い。まだかしら??何か問題でもあるのかしら??
とちょっとイライラしていると、「あ〜双子チャンだわ[黒ハート]

「え〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!![がく~(落胆した顔)][あせあせ(飛び散る汗)]」どうしよう・・・

びっくりして、病院中に聞こえるほど大声を出してしまった[あせあせ(飛び散る汗)]

一人ならともかく、双子??
育てられるかしら??っていうか、産めるかな????
頭の中はクラクラ・・・

先生は、「でも、まだわかりませんよ。胎囊(赤ちゃんの袋)は二つありますが、今はまだ6Wで初期だから自然に赤ちゃんが一人消えてしまうこともあるんです。」

3週間後くらいにまた来てください。と言われて帰りました。
一人が消える??大丈夫なのだろうか??
色々なことがグルグルと駆け巡ってフラフラ。

そしてそして、私のまさかの双子ちゃん妊娠ライフが始まりました。

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産
妊婦生活 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。